スポンサーサイト

  • 2013.04.02 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


長野CS使用「ガジェット」
















モンスター(17枚)
レッド・ガジェット×3枚
マシンナーズ・フォートレス
マシンナーズ・ギアフレーム
ブリキンギョ×3枚
グリーン・ガジェット×3枚
エフェクト・ヴェーラー×3枚
イエロー・ガジェット×3枚


魔法(14枚)
貪欲な壺
二重召喚(デュアルサモン)×3枚
大嵐
死者蘇生
禁じられた聖槍×3枚
リミッター解除
ブラック・ホール
サイクロン×3枚


罠(12枚)
奈落の落とし穴×2枚
神の宣告
神の警告×2枚
砂塵の大竜巻×3枚
血の代償
激流葬×2枚
強制脱出装置


エクストラデッキ
CNo.39 希望皇ホープレイ
No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド
No.16 色の支配者ショック・ルーラー
No.39 希望皇ホープ
No.50 ブラック・コーン号
イビリチュア・メロウガイスト
ヴェルズ・ウロボロス
ガガガガンマン
カチコチドラゴン
ギアギガント X×2枚
ジェムナイト・パール
ダイガスタ・エメラル
恐牙狼 ダイヤウルフ
交響魔人マエストローク


サイドデッキ
A・ジェネクス・ドゥルダーク
マクロコスモス×3枚
強制脱出装置×2枚
群雄割拠×3枚
次元幽閉×2枚
増殖するG×3枚
落とし穴


ぶらっくCSの内容から、サイドの槍をメインに1枚回し、サイドに強制脱出を1枚追加。
マイクラと災害を抜いてマクロ3枚追加。変更点は以上になります。


新潟遊戯王交流会使用『マシンビート』














モンスター(20枚)
マシンナーズ・フォートレス×3枚
マシンナーズ・フォース×2枚
マシンナーズ・ピースキーパー×3枚
マシンナーズ・ギアフレーム×3枚
マシンナーズ・カノン×2枚
トラゴエディア×2枚
カードガンナー×2枚
カードカー・D×3枚


魔法(11枚)
大嵐
死者蘇生
強欲で謙虚な壺×2枚
リミッター解除
ブラック・ホール
ナイト・ショット×3枚
サイクロン×2枚


罠(11枚)
奈落の落とし穴
聖なるバリア−ミラーフォース−×2枚
神の警告×2枚
激流葬×2枚
リビングデッドの呼び声×3枚
ゲットライド!


エクストラデッキ
No.11 ビッグ・アイ×2枚
No.50 ブラック・コーン号
イビリチュア・メロウガイスト
インヴェルズ・ローチ
ガガガガンマン
ギアギガント X
キメラテック・フォートレス・ドラゴン×2枚
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ダイガスタ・エメラル
聖刻神龍−エネアード
超弩級砲塔列車グスタフ・マックス
発条機雷ゼンマイン


サイドデッキ
エフェクト・ヴェーラー×3枚
サイクロン
サイバー・ドラゴン×2枚
強制脱出装置×2枚
増殖するG×3枚
奈落の落とし穴
墓守の監視者×2枚
冥府の使者ゴーズ


 


JDC使用「代償マシンガジェ」

 

モンスター(17枚)
レッド・ガジェット×3枚
マシンナーズ・フォートレス
マシンナーズ・ギアフレーム
ブリキンギョ×3枚
グリーン・ガジェット×3枚
エフェクト・ヴェーラー×3枚
イエロー・ガジェット×3枚

魔法(13枚)
貪欲な壺
二重召喚(デュアルサモン)×3枚
大嵐
死者蘇生
月の書
強欲で謙虚な壺×2枚
ブラック・ホール
サイクロン×3枚

罠(11枚)
奈落の落とし穴×2枚
神の宣告
神の警告×2枚
血の代償×2枚
激流葬×2枚
強制脱出装置
デモンズ・チェーン

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.16 色の支配者ショック・ルーラー
No.39 希望皇ホープ
No.50 ブラック・コーン号
イビリチュア・メロウガイスト
インヴェルズ・ローチ
ヴェルズ・ウロボロス
ギアギガント X×2枚
ジェムナイト・パール
ダイガスタ・エメラル×2枚
ラヴァルバル・チェイン
交響魔人マエストローク
妖精王 アルヴェルド

サイドデッキ
D.D.クロウ
マクロコスモス×3枚
強制転移×2枚
次元幽閉×3枚
聖なるバリア−ミラーフォース−
増殖するG×3枚
速攻のかかし
冥府の使者ゴーズ


■メインデッキ

メインデッキに関しては、出回ってるものとほぼ同じ構築になっております。
連鎖除外に関しては、打てたときのリターンは大きいのですが、センチピードに打てない点や、ヒロビに対してはカードカーしか打ち所がないため、とりあえず打ち所があり、ヒロビ系統には有効な1手にもなる脱出装置を採用しました。


■エクストラデッキ

・ダイガスタエメラル2枚

主に対虫戦において、妨害を引きたいがために早い段階で立てることがあり2枚目が欲しい場面がたびたびあったので2枚採用しました。1枚目を気軽に投げられるというのもあります。


■サイドデッキ

・次元幽閉3

主にヒロビ系統がサイドから用意してくるスキルドレインがきつく、モンスターに頼らない除去が必要と判断しガン積みしています。このスキルドレインの存在から、今まで使用していたトラゴエディアも不採用としました。


簡単にですが、こんなもんで。
レポは、じきにあげたいと思います。


何か質問意見等あればお願いします。


インゼクター






モンスター(20枚)
甲虫装機 ホーネット×3枚
甲虫装機 ダンセル×3枚
甲虫装機 センチピード×3枚
甲虫装機 グルフ×2枚
甲虫装機 ギガマンティス
フォトン・スラッシャー
ダーク・アームド・ドラゴン
カオス・ソルジャー −開闢の使者−
カードガンナー×2枚
エフェクト・ヴェーラー×3枚


魔法(12枚)
大嵐
精神操作
死者蘇生
月の書
強欲で謙虚な壺×3枚
闇の誘惑
サイクロン×3枚
おろかな埋葬


罠(8枚)
神の宣告
神の警告×2枚
激流葬×2枚
リビングデッドの呼び声×2枚
サンダー・ブレイク


エクストラデッキ
No.12 機甲忍者クリムゾン・シャドー
No.16 色の支配者ショック・ルーラー
No.20 蟻岩土ブリリアント
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
No.39 希望皇ホープ
No.61 ヴォルカザウルス
インヴェルズ・ローチ
ヴェルズ・ナイトメア
ダイガスタ・エメラル
ラヴァルバル・チェイン
虚空海竜リヴァイエール
甲虫装機 エクサスタッグ
始祖の守護者ティラス
迅雷の騎士ガイアドラグーン
発条機雷ゼンマイン


サイドデッキ
スノーマンイーター
マインドクラッシュ×2枚
ライオウ×2枚
ライトロード・ハンター ライコウ×2枚
砂塵の大竜巻
聖なるバリア−ミラーフォース−
増殖するG×2枚
大成仏
転生の予言
奈落の落とし穴×2枚



代々木では、
サイドのスノーマン、砂塵、大成仏の枠が、ライコウ、大災害、クロウになっていました。


解説等は後日掲載します。


ソレイユCS使用「カラクリマシンナーズ」



モンスター(21枚)
マシンナーズ・フォートレス×3枚
マシンナーズ・ギアフレーム×3枚
グローアップ・バルブ
カラクリ兵 弐参六×3枚
カラクリ忍者 九壱九×2枚
カラクリ小町 弐弐四×3枚
カラクリ守衛 参壱参×2枚
カラクリ参謀 弐四八
エフェクト・ヴェーラー×3枚

魔法(11枚)
大嵐
精神操作
死者蘇生
月の書
ワン・フォー・ワン
リミッター解除
サイクロン×2枚
アイアンコール×3枚

罠(8枚)
神の宣告
神の警告×2枚
激流葬
トラップ・スタン×3枚
ダスト・シュート

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
No.50 ブラック・コーン号
イビリチュア・メロウガイスト
インヴェルズ・ローチ
カラクリ将軍 無零×2枚
カラクリ大将軍 無零怒×2枚
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ナチュル・ランドオルス
ブラック・ローズ・ドラゴン
氷結界の龍 トリシューラ

サイドデッキ
D.D.クロウ
カラクリ無双 八壱八
サイクロン
サイバー・ドラゴン×3枚
スノーマンイーター×2枚
暗闇を吸い込むマジック・ミラー×3枚
聖なるバリア−ミラーフォース−
転生の予言
奈落の落とし穴×2枚


■最初は商人等が入ったカラクリを使用していましたが、環境最多勢のインゼクターに対して有効なカードである「エフェクト・ヴェーラー」を有効に活用することができるカラクリマシンナーズを使用しました。
このマシンナーズを採用することにより、カラクリシンクロ等の召還を無効にされた際等のリスクを軽減、フォートレスによるさらなる展開力とアイアンコールの補助という幅広い役割を担っていました。


■メインデッキ

・ギアフレームとアイアンコールの採用により、レベル4+何かという布陣を1ターンで用意することが純正のカラクリよりも行いやすく、その関係で、簡易融合を抜き、参謀の数を減らしました。この参謀が基本的に単体で機能することがほぼなく、その枠にレベル4と相性のいい守衛の数を増やしました。

・エフェクトヴェーラーとバルブを採用することにより、セットでワンフォーワンを採用していましたが、召還無効等された際の消費が厳しく、この2枚の枠に何か有効な罠等を採用すればよかったのかなと試合中に感じました。

・またこれだけヒロビが多いんであれば、ハイパーをメインからさしていけばもっと楽に戦えたなと思いました。


■エクストラデッキ

・簡易を抜いたことにより、その分のエクストラの枠が開いたので、ブラックコーン号とメロウガイストを新たに採用しました。

・メロウガイストは主にインゼクターのセットモンを殴りにいくために採用しましたが、大会中は出す場面は1度もありませんでした。

・ブラックコーン号は、この打点の部分がネックになることがあり、新たに組むのであれば、他の枠に当てたいなと思いました。


■サイドデッキ

・サイバードラゴンが、使用していて本当に用途が広く、サイドラ自身で処理できるカードも多く、またサイドラ+小町or参謀や、サイドラ+兵等。バリエーションも広かったです。


今回のMVPカードは「カラクリ兵 弐参六」と「サイバー・ドラゴン」でした。



何か質問等あればコメントからお願いします。


TGマシンガジェ

モンスター(19枚)
レッド・ガジェット×2枚
マシンナーズ・フォートレス×3枚
マシンナーズ・フォース
マシンナーズ・ギアフレーム×3枚
グリーン・ガジェット×2枚
ギガンテス
イエロー・ガジェット×2枚
TG ワーウルフ×2枚
TG ストライカー×3枚

魔法(13枚)
地砕き×2枚
大嵐
精神操作
死者蘇生
強欲で謙虚な壺×3枚
強制転移×2枚
ブラック・ホール
サイクロン×2枚

罠(10枚)
奈落の落とし穴×2枚
神の宣告
神の警告×2枚
次元幽閉×2枚
激流葬
強制脱出装置
ダスト・シュート

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.11 ビッグ・アイ
No.16 色の支配者ショック・ルーラー
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
TG ワンダー・マジシャン
イビリチュア・メロウガイスト
インヴェルズ・ローチ×2枚
ジェムナイト・パール
スクラップ・ドラゴン
ナチュル・パルキオン
ブラック・ローズ・ドラゴン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク
ダイガスタ・エメラル

サイドデッキ
D.D.クロウ
ギガンテス
サイクロン
スノーマンイーター
ヂェミナイ・デビル×2枚
マインドクラッシュ×2枚
マクロコスモス
ライオウ×2枚
暗闇を吸い込むマジック・ミラー×2枚
魂を削る死霊
冥府の使者ゴーズ


■デッキコンセプト

通常のマシンガジェに、TGストライカー、TGワーウルフを加えました。
フォートレスによる展開力と除去力+打点に加え、TGを加えたことによる各種シンクロへのアクセス、またガジェ独自のアドバンテージを消費しないエクシーズを基本戦略とします。
TGを加えたことにより、基本的にシンクロが難しかったガジェにおいて、ブリューナク、パルキオン、ワンダーマジシャン、トリシューラにアクセスしやすくなったことは特に利点でありました。
ブリューナクやトリシューラは言わずもがなですが、パルキオンとワンダーマジシャンが入ることにより、王宮のお触れへの耐性をメインデッキから用意することができました。
ワンダーマジシャンは気軽に相手のバックに触れていくことができ、パルキオンにいたっては、相手に先打ちお触れを要求することができ、また先にパルキオンを立たせておくことで、後から出てくるお触れへの抑制につながります。
またこのパルキオンとワンダーマジシャンを入れることにより、コンセプトのひとつでもあるフォートレスの展開を補助することができ、安全にフォートレスへアクセスすることを可能にします。

またTGを増やすことにより、強制転移や精神操作等のカードをより活かしやすくすることが可能になります。
エクストラデッキのアシッドゴーレムは相手のクリッター、ワーウルフ等のよく見かけるレベル3をこちらのワーウルフ(サイド後であればスノーマンや死霊も)とエクシーズすることにより、効果を使わせずに相手モンスターの処理を行えるので採用してあります。

地砕きは特にサイドチェンジを行われた2戦目以降で特に真価を発揮します。
対天使ではこちらはライオウを積むので、ライオウをトラゴやゴーズから守るという意味での役割や、逆にこちらも出されると困るライオウの処理を手軽に行えます。

TGを入れる利点はサイドチェンジ以降にもあります。
通常ガジェにおいて裏側セットでモンスターを置くことはあまりないため、サイドチェンジ以降のスノーマンや死霊をわかりやすくしてしまいます。
ここにTGが入っていることにより相手にTGorスノーマン等という選択肢を増やすことができます。
これによりスノーマン等を機能しやすくする役目も担っています。

サイドに関してはマシンガジェの時とほとんど変わってないと思います。

何か質問・意見等あればコメントにお願いします。


長野CS使用[マシンガジェ]

モンスター(15枚)
レッド・ガジェット×2枚
マシンナーズ・フォートレス×3枚
マシンナーズ・ギアフレーム×3枚
マシンナーズ・カノン
グリーン・ガジェット×2枚
ギガンテス×2枚
イエロー・ガジェット×2枚

魔法(14枚)
地砕き×2枚
大嵐
精神操作
死者蘇生
強欲で謙虚な壺×3枚
強制転移×2枚
ブラック・ホール
サイクロン×3枚

罠(11枚)
奈落の落とし穴×2枚
神の宣告
神の警告×2枚
次元幽閉×3枚
激流葬
マジック・ドレイン
ダスト・シュート

エクストラデッキ
No.11 ビッグ・アイ
No.16 色の支配者ショック・ルーラー
No.39 希望皇ホープ×2枚
イビリチュア・メロウガイスト×2枚
インヴェルズ・ローチ×2枚
ヴァイロン・ディシグマ
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
ジェムナイト・パール
スクラップ・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク

サイドデッキ
D.D.クロウ
サイバー・ドラゴン×2枚
スノーマンイーター
ヂェミナイ・デビル×2枚
トラゴエディア
マインドクラッシュ×2枚
ライオウ×2枚
暗闇を吸い込むマジック・ミラー×2枚
魂を削る死霊
冥府の使者ゴーズ


メインデッキ

・ギガンテス

1ターンでのエクシーズ及びビート要因とさまざまな使い方ができました。相手が露骨にスタロプレイをしてきた時にギガンテスを転移で送り戦闘破壊等も行えるのでいろいろ幅がききました。

・カノン

フォートレスのコストを軽くできるので採用。ビッグアイにもつなげやすくなります。たまにこのカードだけ引いてしまう時がありますが、それ以上に1枚でフォートレスを蘇生できるのが魅力的でした。

・転移

暗黒界や天使を見て採用。対暗黒界ではこのカードでグラファを奪うだけで勝てるときがあるくらいなのでよかったと思います。ガジェットは召還するだけで+1を確保することができるので、このカードとの相性は良かったと思います。セイバー戦では抜きます。

・サイク3

暗黒界を意識して3枚投入。

・精神操作

エクシーズしやすくなるのと、時にシンクロもできるので採用。対天使と暗黒でも完全に打ち所がないわけではないので悩ましいところでした。今回はメインに採用していきました。

・幽閉3

暗黒界を意識して3枚投入。

・マジドレ

大嵐のケアができる1枚として。気軽に2伏せできるようになったり、転移やホールに打つだけでも相手の魔法が減らさせることができるのでなかなか良い仕事をしていました。2戦目以降基本的に後攻時は抜きます。

・ビッグアイ

フォートレスやこちらのゴーズを素材にして出ます。相手のゴーズを操作で奪った場合の動きが強いです。フォートレスss、操作ゴーズ→ビッグアイでカイエントークン奪う、等。暗黒界に対してもグラファを奪えるので有効でした。これを有効に使えるのはマシンガジェの利点だと認識しています。

・メロウガイスト2

主にセイバーを意識して数を増やしました。2枚目が欲しくなる場面もあったので良かったと思います。

・ディシグマ

これは必要なかったかもしれないです。基本的に役割は違えどショックルーラーの方を優先して出しやすいですし、相手の場のモンスターを奪いたい場合→自分が劣勢にあるとき、というのが場面として多いので機能しずらかったです。守備表示モンスターには効果も使えませんし。

サイドデッキ

・ヂェミナイデビル、暗闇ミラー

暗黒界を意識していれました。ヂェミナイデビルは同時にマイクラもケアできるのでよかったです。本戦では引けませんでしたがw

・クロウ

暗黒界とジャンド、ドラグ、セイバーと割とメタは広いですが、他にもっと効果的なメタがあるなということでのピンです。

・サイドラ

メタを踏んでくれる良カードでした。カラクリには強力な1枚になります。サイドからつまれるライオウやイーターを1枚で処理してくれるカードでした。

・トラゴ

抜くことも考えましたが、ライロに対しての有力なメタが見つからずにこのカードを残しました。暗黒界に対しても入れると、稀にグラファが打点を越えられないということが起こります。

・スノーマン

前は2枚でしたが1枚に。ラギアの存在から1枚残しました。ガジェの場合だと大体ばれます。

・マイクラ

打ち所が少ないデッキもあるのでサイドに回しました。

・ライオウ

個人的には評価しているカードです。バックを剥がされたとしても最低限の仕事はしてくれますし、TG代行に対してはこのカードを立たせておくだけでも安心感はあります。もちろんサイドからのスノーマンを踏んだり、トラゴーズに弱かったり、処理がしやすい等ありますが、1枚で機能するカードとしてよかったです。

・ゴーズ

メインは罠とのかみ合いと、対暗黒界では微妙という理由でサイドに入れました。対ビート系では強いですね。

・死霊

スノーマンよりも攻撃的にいける1枚としてサイドに1枚入れました。このカードの調整期間が短かった上に、大会で引いてないので使いごこちはよくわからなかったです。


何か質問等あればどうぞ


ビート杯使用 マシンガジェ

モンスター(17枚)
魔導戦士 ブレイカー×3枚
レッド・ガジェット×2枚
マシンナーズ・フォートレス×3枚
マシンナーズ・ギアフレーム×3枚
マシンナーズ・カノン
グリーン・ガジェット×2枚
イエロー・ガジェット×2枚
N・グラン・モール

魔法(10枚)
地砕き×3枚
死者蘇生
強欲で謙虚な壺×3枚
ブラック・ホール
サイクロン×2枚

罠(13枚)
奈落の落とし穴×2枚
盗賊の七つ道具×3枚
神の宣告
神の警告×2枚
次元幽閉×3枚
激流葬
王宮の弾圧

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.39 希望皇ホープ×2枚
イビリチュア・メロウガイスト
インヴェルズ・ローチ×2枚
ヴァイロン・ディシグマ
カチコチドラゴン
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
ジェムナイト・パール×2枚
スクラップ・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク

サイドデッキ
サイファー・スカウター×2枚
ダスト・シュート
フォッシル・ダイナ パキケファロ×2枚
ライオウ×2枚
御前試合×3枚
砂塵の大竜巻
次元の裂け目×3枚
閃光を吸い込むマジック・ミラー


メインデッキ

・グランモール

六武を意識しての投入。またこのカード+他のモンスターで積めにもっていけること、裏のドッペルを処理できるなど強かったです。
強いて言えば、このカードで召還権を使うので、他にモンスターを先に置いておくorモンスターをssしなくてはならないこと等で気になることはありました。

・カノン

ギアフレームからの選択肢として。基本的にフォートレスを立てれるときはすぐに立てるので、このカードが浮いてまま終わるということはほとんどありませんでした。
これも六武を強く意識しての1枚ですね。

・地砕き3

単純に除去が欲しかったのと、サイドの御前試合との関係から六武がパルキオンを出してくるので、パルキオンを1枚で処理できるので3に。死霊で止まることもあるので良い選択肢だったと思います。

・七つ道具3

フォートレスを通すために3積み。ゴッドバードに対してもゴリゴリいけるので、相手がアドを取るゴドバを打ってきてもライフ1000でボードアドをイーブンにできる点はかなり評価できました。

・次元幽閉3

対ビート系に対しての強さはもちろん、六武に対しても処理が難しい師範を処理できるのでフル積み。

サイド

・ライオウ

対デブリ、旋風、TG、天使、ヒロビを見れる非常にメタ範囲が広い1枚。対ヒロビでは1900ラインという理由で投入。アナザーと相打ちとってくれればいいくらいの認識です。

・裂け目

対デブリ、暗黒界、TGを意識しての投入。対デブリ戦では展開の阻害はもちろんのこと、カーガンの効果を使わせないところを非常に評価しました。ローチと相打ちを取りにくるカーガンを処理できるのでフル積み。

・御前試合

対六武、暗黒界を意識しての投入。六武戦ではこれを発動すると、結構行動阻害になります。パルキオンやキザン師範等の地属性ビートに切り替えてきますが、これをしてくれることによって、こちらがかなり処理しやすくなります。パルキオンを1枚処理した後ならパルキオン以外でせめてくるので幽閉等が活きてきます。とにかく引きたいのでフル積み。

・砂塵

スキドレ等を使うデッキや暗黒界も見てサイド。


不採用カード

・リミッター解除

決まれば強いんですが、現状はエクシーズを多用すること、最多勢の六武に対して使いずらさがあること等を考慮して不採用としました。

・強制脱出装置

最多勢を六武と見た時にいまいち強い場面が限定的なように感じたので不採用としました。カタスやガイアナイトが出てきたときはいいのですが、シエン、パルキオンに対しての使いずらさ、師範やキザンのビートに対してもほぼ無力なことから採用を見送りました。

・ミラーフォース

性能自体は強いのですが、基本的に次元幽閉の方が確実な除去を期待できることと、師範やクリッター、カーガン等の破壊をトリガーのカードに対しても使っていける点から幽閉を優先しました。



変わってるところはこんなところかとおもいます。
新制限では罠デッキはきつそうなので、ガジェはたぶん使わないと思います。

ガジェありがとうー




清水杯使用マシンガジェ

モンスター(15枚)
魔導戦士 ブレイカー×3枚
レッド・ガジェット×2枚
マシンナーズ・フォートレス×3枚
マシンナーズ・ギアフレーム×3枚
グリーン・ガジェット×2枚
イエロー・ガジェット×2枚

魔法(9枚)
地砕き×2枚
死者蘇生
強欲で謙虚な壺×3枚
ブラック・ホール
サイクロン×2枚

罠(16枚)
奈落の落とし穴×2枚
盗賊の七つ道具×2枚
聖なるバリア−ミラーフォース−
神の宣告
神の警告×2枚
次元幽閉×3枚
砂塵の大竜巻
激流葬
強制脱出装置
王宮の弾圧
ダスト・シュート

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.39 希望皇ホープ×2枚
TG ハイパー・ライブラリアン
イビリチュア・メロウガイスト×2枚
インヴェルズ・ローチ×2枚
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
ジェムナイト・パール×2枚
スクラップ・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク

サイドデッキ
D.D.クロウ×2枚
サイファー・スカウター×2枚
スノーマンイーター
フォッシル・ダイナ パキケファロ×2枚
御前試合×2枚
砂塵の大竜巻
次元の裂け目×3枚
転生の予言
抹殺の使徒


>メイン砂塵1七つ2

最初は暗黒界が環境に出てくるということを考慮して砂塵2でやっていたんですが、チーム内で話し合った結果、最大勢力である六武衆に対してより有効である七つ道具を2にしました。
以前まであったかかしのスペースに砂塵を1枚投入しました。

>メインダスト

暗黒界に対しても打てるフリーチェーンのカードでパワーも高かったです。

>サイド転生

フリーチェーンなので雷をよけつつ墓地の掃除や門があるときに墓地の悪魔を空にできたりするところを考えて投入しました。
調整の量が足りず、結局有効なカードか試せないまま本戦に持ち込みました。
本戦でも暗黒界にあたってないので感触はわからないです。


メタ読みとしてこんなに代行天使がいるとは思わなかったな。
そして案外暗黒界少ないという印象。
代行天使が増えるようならサイドに閃光ミラーとかも考慮する必要がありそうだな。


マシンガジェ

モンスター(15枚)
魔導戦士 ブレイカー×3枚
レッド・ガジェット×2枚
マシンナーズ・フォートレス×3枚
マシンナーズ・ギアフレーム×3枚
グリーン・ガジェット×2枚
イエロー・ガジェット×2枚

魔法(9枚)
地砕き×2枚
死者蘇生
強欲で謙虚な壺×3枚
ブラック・ホール
サイクロン×2枚

罠(16枚)
奈落の落とし穴×2枚
盗賊の七つ道具×2枚
聖なるバリア−ミラーフォース−
神の宣告
神の警告×2枚
次元幽閉×3枚
激流葬
強制脱出装置×2枚
王宮の弾圧
くず鉄のかかし

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.39 希望皇ホープ×2枚
TG ハイパー・ライブラリアン
イビリチュア・メロウガイスト
インヴェルズ・ローチ×2枚
カラクリ将軍 無零
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
ジェムナイト・パール
スクラップ・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
始祖の守護者ティラス
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク

サイドデッキ
D.D.クロウ×3枚
N・グラン・モール
エフェクト・ヴェーラー
ギガンテス
サイバー・ドラゴン×2枚
サイファー・スカウター
ダスト・シュート
トラゴエディア
抹殺の使徒
冥府の使者ゴーズ
連鎖除外(チェーン・ロスト)×2枚


メインデッキは今の形です。

先日の公認ではメインにゲイルを入れて41枚という体勢でした。

感触としてはまぁあってもなくてもという感じだったので現在は抜いて40枚にしています。

今後必要と思えばまた採用したいと思います。


久しぶりにマシンガジェを使った感想としては、とにかく召還権が大事になってくるなと感じました。

なのであまりモンスターをあれこれ採用すればするほどにハンドにモンスターがかさばってしまい負けてしまうということに陥りやすいと思います。

対六武衆戦では特にそれを強く感じます。

前まではくず鉄のかかしを3枚採用していましたが、やはり一番のネックに六武衆があがってきました。

またくず鉄のかかしはとても強いカードなのですが、各種メタモンスター等をそのまま残してしまうという性質上現在はアドバンテージを消費しないかかしよりも確実に除去する幽閉を多く積みました。

月の書に関してはいまいちディスアドバンテージにつながる可能性があるため敬遠しがちです。ブレイカーに打てることは評価できるのですが。

サイドに関してはいくつかのカードは抜けました。グランモール、ゴーズあたりですね。

ゴーズはその性質上場をがら空きにすることを必要とするため、サポートを前提としているガジェとの相性は決してよくはなく、やはりゴーズのためのプレイングやサイチェンを迫られてしまい、なかなか使いずらい場面が目立ちました。出たら強いのですがなかなか難しい1枚でした。

グランモールに関しては絶好のメタ相手である六武衆に対して対処プレイをされやすくなったので抜きました。師範等のハイビをされるのがなかなかきつい場面が多かったです。

何か質問等あれば。これから練っていきます。


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
自己紹介
新潟在住の遊戯プレイヤー。 主な実績。 第4回ビート杯(チーム)3位(個人5−2)/第1回富山CS(個人)2位
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM